遺産相続のQ&A【南行政書士事務所|新潟東区役所地下1階】

遺産相続にまつわる手続き、相続人、財産の予備知識をQ&A形式で御紹介いたします。この中にアナタが知りたい情報が無い場合はお気軽にお電話くださるか、無料相談会にお申込み下さい。

遺産相続でよくある質問

Q.手続きについて

Q.相続人について

Q.財産について

 

遺産相続の疑問に回答

A.手続きについて


父が亡くなり自筆の遺言書が見つかりました。どうすれば?

封書に入っている場合、勝手に開けてしまいますと5万円以下の科料を科せられてしまいますので、家庭裁判所に持ち込んで開封してもらってください。

 


遺産相続の開始時期は、いつからですか?

被相続人さまが亡くなった時点で遺産相続が開始となります。

 


遺産相続手続きの期限は、いつまでですか?

遺産を相続するかしないかの意思決定が3ヵ月以内、故人の準確定申告が4ヵ月以内、相続税の申告が10ヵ月以内です。

 


父が亡くなり数年、まだ土地の名義変更をしてません。大丈夫ですか?

問題ありませんが、ずっとそのままにしておくわけにも行きませんので、土地家屋の名義変更は早目に手続きされると良いでしょう。

 

A.相続人について


相続する権利者(法定相続人)は誰になりますか? 割合は?

相続権利者(法定相続人)の関係図

法定相続人と法定相続分は、法律で上記の通りと決まっています。

 


内縁の妻(夫)でも遺産を相続できる? 割合は?

残念ながら内縁の妻(夫)には遺産の相続権がありません。

 


先妻の子供も遺産を相続できる? 割合は?

先妻の子供は本妻の子供と同様に遺産を相続できます。ただし、非嫡出子(認知)の場合は本妻の子供さんの半分(1/2)となります。

 

A.財産について


財産とみなされない故人の私物は自由に分けて良いですか?

相続人の間で同意があれば良いです。


■ 相続手続きの関連記事

新潟市の相続手続き・遺言書作成専門 みなみ法務事務所(旧 南行政書士事務所)のご案内|東区役所地下1階